糖尿病に気をつけるようになってからはなるべくブラックでコーヒー

ブラックでコーヒー

私が糖尿病予防のためにしていること


私は、30代後半の全国どこにでもいるタイプのサラリーマンです。

10代20代の頃は、若さを理由にして身体のこと健康のことなんて全く気にならなくて食べたい時に食べたい物を食べたいだけ食べるという生活をしていました。

最初は、少しお腹周りが気になるくらいの感覚でした。それが、だんだん30代になってきて健康を意識するようになってからは、考え方が変わってきました。

一番のきっかけは会社の同僚が糖尿病と診断されたことでした。

これをきっかけに糖尿病について怖さが出てきました。その人は、自分と年齢も近く食生活も似たような感じだったので、もし自分が糖尿病になったら怖いと考えるようになりました。

糖尿病について調べてみると、まずは生活習慣を改善するのが良いと書いてありました。

それまでは、毎日のようにコカコーラを3本くらい飲んでいましたが健康診断の後は思いきってコカコーラを飲むのをやめました。

これだけでも無駄な糖分を抑制することが出来だと思います。次に、糖尿病対策としてはじめたのがバランスの良い食事を心がけました。

今までは、食べたいものだけ食べていたのですが、野菜を増やして出来るだけ糖分を摂りすぎないようにしました。

それから気をつけるようにしたのがコンビニ弁当です。

コンビニ弁当は、身体に良くないというのは十分理解していたのですが、とても便利だったのでついつい頻繁に利用してしまいました。それを利用する頻度を減らしました。

前は週に5日くらい利用していたのですがそのあとは週に1日程度にしました。

インターネットで調べた時に書いてあったのですが、コーヒーを飲む時もなるべく砂糖を入れないほうがいいということです。

コーヒーを飲む時は砂糖を2,3本使うくらいの甘党でしたが、糖尿病に気をつけるようになってからはなるべくブラックでコーヒーを飲むようにしました。

糖尿病には、ストレスもあまり良くないということが書いてありましたがなかなかストレスを解消する方法が思いつかなかったのですが健康とストレス発散を兼ねて山登りをはじめたらいい感じでストレスが発散出来るようになりました。

これからも普段の生活に気をつけていくことと、ストレスを溜めないようにすることを続けていきたいと思います。


菊芋の効能はこちら




まだ28歳の女なのに頭頂部が薄くなってしまった!すぐに病院へ行くと・・・